コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意調子 いぢょうし

1件 の用語解説(意調子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

意調子
いぢょうし

雅楽における前奏曲の一種。高麗壱越 (こまいちこつ) 調 (主音ホ) の音取の一種で特定の楽曲に先立ち,高麗笛と篳篥 (ひちりき) の音頭によって奏され,後半では三の鼓が打添えられる。非拍節的リズムのもので,曲の途中笛と篳篥の旋律が非常に食違うところがあるので,両人は心を合せて奏さなければならないことからか,「心調子 (しんちょうし) 」ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

意調子の関連キーワード延喜楽胡徳楽狛鉾ラフマニノフ:前奏曲集(プレリュード)/piano soloモンポウ:前奏曲 第5番/piano soloモンポウ:前奏曲 第6番/piano soloモンポウ:前奏曲 第7番/piano soloモンポウ:前奏曲 第9番/piano soloモンポウ:前奏曲 第10番/piano solo高麗壱越調

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone