コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音取 ねとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音取
ねとり

雅楽のなかの管弦において行われる一種の「音合せ」。音取の規模を大きくしたものに「調子 (ちょうし) 」「品玄 (ぼんげん) 」などがある。各楽器音頭が担当する。のちにそれが芸術的,形式的に高められて,演奏の形態も一定し,また楽曲の演奏に先立って,必ず奏されるようになった。六調子に一種ずつあり,たとえば壱越 (いちこつ) 調の楽曲の前には壱越調の音取を奏する。重奏の形式は初めに (しょう) と篳篥 (ひちりき) が重奏し,篳篥の旋律が終らないうちに竜笛 (りゅうてき) と羯鼓 (かっこ) が奏し,竜のパートを受継いで最後に篳篥と琵琶が掛合う。なお,高麗 (こま) 楽にも音取のたぐいが存するが,演奏の形式は異なる。また神楽など儀式音楽における音取は合音取 (あわせねとり) というが,演奏の形式は異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ね‐とり【音取】

音楽を演奏する前に、楽器の音調を試みるための、短い一種の序奏。神楽・雅楽・能楽などで、多くは笛を主に行われる。
雅楽で、管弦合奏の始めに作法として行う一種の序奏。楽器の音調を整え、雰囲気を醸成する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

音取【ねとり】

雅楽の管弦の演奏で,音律を調整し,その調子の雰囲気を準備する小曲。調律方法が形式化して曲になったもの。
→関連項目調子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねとり【音取】

日本音楽の曲名。ただし,この名をもつ曲はいくつもあり,かつ,いずれもごく小規模,あるいは独立性が稀薄である。 雅楽には,唐楽六調子の音取その他がある。六調子の音取は各調子に一曲ずつあって,いずれも各調の《調子》(楽曲としての調子)を小規模にしたものである。最初に笙(しよう)と篳篥(ひちりき)の二重奏があり,そのあと竜笛(りゆうてき)と羯鼓(かつこ)の二重奏がつづく。琵琶,箏がある場合はさらにそのあとに両弦の二重奏が加えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねとり【音取】

雅楽で、当曲とうきよく(その場の演奏の眼目の曲)に先立つ短い前奏曲。曲の種別および調子の別に各種あり、その調子の雰囲気をかもし、各楽器の音調を試みて整える意味をもつ。
演奏開始に先立ち、声や楽器の音を整えること。通常は笛の音を基準に合わせるので、曲の始まりの笛の音(または奏法)をさしてもいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音取
ねとり

(1)雅楽で用いる前奏曲。「禰取」とも書く。比較的短い無拍節の曲で、これから演奏する曲(これを「当曲」という)の調子を知らせる。各楽器の主奏者によって奏され、楽器の音合わせの役割も兼ねる。唐楽管絃(かんげん)では笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、横笛(おうてき)、鞨鼓(かっこ)、琵琶(びわ)、箏(そう)によりかならず当曲の前に奏され、「壱越(いちこつ)調音取」「平調(ひょうじょう)音取」など、雅楽の六調子に1種ずつ固有のものがある。唐楽舞楽では特定の曲に限って定められ、『陵王(りょうおう)』に対して「沙陀(さだ)調音取」(単に「陵王音取」とも)、『迦陵頻(かりょうびん)』に対して「迦陵頻音取」などがある。高麗楽(こまがく)では篳篥、高麗笛、三(さん)ノ鼓(つづみ)により奏され、高麗壱越調の音取として「意調子(いじょうし)」とそれを簡約した「小音取(こねとり)」、そのほか「高麗平調音取」「高麗双調(そうじょう)音取」がある。神楽歌(かぐらうた)、久米(くめ)歌、大和(やまと)歌などでは笛と和琴(わごん)によって奏される。
(2)能楽で、曲の初めのワキ登場の際に能管1本で奏される囃子(はやし)。小鼓(こつづみ)の「置鼓(おきつづみ)」とともに演奏される。翁付(おきなつき)能楽ではかならず奏される。
(3)歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽で演奏される能管の旋律。通常「寝取」と書き、幽霊などが出るときに大太鼓の「どろどろ」にかぶせて吹かれ、不気味な効果を出す。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の音取の言及

【管絃】より

…これらが,前述した御遊の催しのなかで生まれたことはいうまでもない。(1)音取(ねとり) その日の演奏会で行われる曲の調子を宣し,あわせて演奏者同士の音合せを行う短い曲である。唐楽のスタイルと楽器編成をもつ管絃ではつねに唐楽の六調子,すなわち壱越調(いちこつちよう),平調(ひようぢよう),双調(そうぢよう),黄鐘調(おうしきちよう),盤渉調(ばんしきちよう),太食調(たいしきちよう)のいずれかが用いられる。…

※「音取」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

音取の関連キーワード藤田 六郎兵衛(10代目)調(邦楽用語)青海波(雅楽)藤田 大五郎ウシデーク大岩かおり松平頼則安倍季康迦陵頻還城楽胡飲酒楽琵琶青海波蘇莫者音取る枝調子意調子種別各種奏法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音取の関連情報