コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚禿 グトク

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐とく【愚×禿】

《頭を剃った、おろか者の意から》僧が自分をへりくだっていう語。特に、親鸞(しんらん)が自称に用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐとく【愚禿】

( 代 )
〔愚かなはげ頭の人間の意〕
一人称。僧侶が自分のことをへりくだっていう語。
特に、親鸞しんらんの自称。 「 -悲嘆述懐/正像末浄土和讃」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の愚禿の言及

【親鸞】より

…予はその一なり。しかればすでに僧に非ず俗に非ず,この故に禿の字を以て姓となす〉と記し,禿の姓の上に愚の字をつけて愚禿(ぐとく)親鸞と称した。戒律を守れぬ肉食妻帯の愚か者こそが阿弥陀仏の救いの対象であることを示したものである。…

※「愚禿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

愚禿の関連キーワード德・瀆・匿・得・徳・特・督・禿・篤慧海(1)平田 晋策藤原 鉄乗親鸞(僧)高光大船樋口竜温川上清吉三帖和讃親鸞聖人藤原鉄乗誘苑禿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android