コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛し ハシ

デジタル大辞泉の解説

は・し【愛し】

[形シク]いとしい。愛すべきである。かわいらしい。
「み吉野の玉松が枝(え)は―・しきかも君がみ言を持ちて通はく」〈・一一三〉

めぐ・し【愛し】

[形ク]
いとおしい。かわいい。
「父母を見れば貴く妻子(めこ)見ればかなしく―・し」〈・四一〇六〉
気がかりである。いたわしい。
「人もなき古りにし里にある人を―・くや君が恋に死なせむ」〈・二五六〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はし【愛し】

( 形シク )
可憐である。いとおしい。 「み吉野の玉松が枝は-・しきかも/万葉集 113

めぐし【愛し】

( 形ク )
たまらなくいとおしい。 「妻子めこ見れば-・し愛うつくし/万葉集 800
かわいそうである。いたわしい。気がかりである。 「人もなき古りにし郷にある人を-・くや君が恋に死なせむ/万葉集 2560

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛しの関連キーワード人を愛し人を利する者は天必ず之に福すエレクトラ・コンプレクス狂人なおもて往生をとぐ生きとし生ける物へエリーゼのためにハロフィライト煙霞の痼疾浜口庫之助痴話・癡話月よ星よと桜町中納言ジュテーム愛の群像蝶よ花よ月よ星よ巧言令色郷土教育小川洋子田園詩人愛してる

愛しの関連情報