コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛宕火 あたごび

大辞林 第三版の解説

あたごび【愛宕火】

近畿・山陰地方で、6月24日または7月24日の愛宕の縁日に行われる火祭りの行事。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の愛宕火の言及

【綱火】より

…現在は一般には茨城県筑波郡伊奈村の小張(おばり)(8月24日)と,同じ伊奈村高岡(旧正月24日,旧7月23日)の愛宕神社の祭礼に行われている薬発走線人形花火を指す。おそらく愛宕さまを迎える愛宕火として行われたものであろうが,除厄祈雨の伝えもある。これらは小張綱火,高岡綱火などと呼ばれるが,高岡綱火は地上20m余の所に縦横に綱を張り,花火筒を背負った人形をつって,空中劇を行う。…

※「愛宕火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

愛宕火の関連キーワード愛宕信仰山陰地方綱火行事近畿縁日愛宕

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛宕火の関連情報