六月(読み)ロクガツ

デジタル大辞泉 「六月」の意味・読み・例文・類語

ろく‐がつ〔‐グワツ〕【六月】

一年の6番目の月。水無月みなづき 夏》
[類語]水無月みなづき青水無月あおみなづき常夏月とこなつづき鳴神月なるかみづき松風月まつかぜつき遯月とんげつ季夏きか長夏ちょうか晩夏ばんか溽暑じょくしょ林鐘りんしょうひつじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「六月」の意味・読み・例文・類語

ろく‐がつ‥グヮツ【六月】

  1. 〘 名詞 〙 一年の第六番目の月。みなづき。ろくがち。《 季語・夏 》
    1. [初出の実例]「六月五日薬草喩品 同香象房」(出典:法華修法一百座聞書抄(1110))
    2. [その他の文献]〔詩経‐小雅・六月〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android