コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛着行動 あいちゃくこうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛着行動
あいちゃくこうどう

幼弱な子供がの保護を確保するために,自分から親につき従い,親の姿を見失わないように反応する行動。かなり早期から発達し,離巣性の鳥の孵化したての雛にみられる刷り込みと追従反応はこの代表的なもので,出生直後に眼に入った対象が刷り込まれ,以後もっぱらそのあとを追うようになる。大型の哺乳類の子供にも似た現象がみられる。ヒトの赤ん坊は二次的就巣性といわれ,生まれてしばらくの間は運動性が未熟で自分の力で移動することができない。そのために親を自分にひきつけるメカニズムとして微笑反応が発達してくる。その他,泣き出す,眼で追う,あと追いなどが続いて現れ,人見知りも一連の愛着行動の現れである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

愛着行動の関連キーワード反応性アタッチメント障害愛着理論乳児期自閉症母性愛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛着行動の関連情報