コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見知り ひとみしり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人見知り
ひとみしり

生後6ヵ月頃から始る,見慣れない者が近づくと微笑を示さなくなり,さらに恐れを示すようになる反応。乳児は生後2~3ヵ月から5ヵ月頃までは誰にでも,近づいてくる顔を認めると微笑反応を示すが,6ヵ月頃から見慣れた者と見慣れない者の顔を見分けるようになり,見知らぬ人が近づいたり,抱こうと手を伸ばしたりすると顔をそむけたり,泣き出したり,母親にしがみついたりする。これは見慣れない者に対する恐れの情緒が発達してきたためと考えられ,人に対すると同時に見慣れない場所に対しても同様の恐れを示す。人見知りは8ヵ月頃から激しくなり,1年近くで消えるものであるが,環境によっては2~3年も続くことがある。養育者が多数で交代するような環境では人見知りの出現が遅れたり,現れないこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひと‐みしり【人見知り】

[名](スル)子供などが、知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすること。「人見知りして泣く子」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとみしり【人見知り】

( 名 ) スル
子供などが見慣れない人に対して不安を感じたり、恥ずかしがったりすること。 「 -しない子」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人見知り
ひとみしり

乳児が見慣れぬ人に対して恐怖を示し、あるいは泣き出す現象。この現象は、いままで自分の養育にあたってくれた親しい人、とくに母親と見慣れない人とを区別する能力が現れたことを意味する。それ以前の乳児は、人であればだれでもそばにいてくれるだけでよく、多少は父と母との間で、あるいは他人に対して反応が異なるが、それはあまり目だつものではない。ところが生後6か月前後から、見慣れている人とそうでない人とをはっきり区別するようになる。これは当然、視覚の発達に負うところが大きく、目で人の顔の輪郭の違いを正しく認識するようになることが必要である。同時に、情緒の発達として、従来の生理的欲求の表現としての泣く現象が、対人関係について泣くように変わる。すなわち、人見知りの発現は、社会性の発達とともに、感情が情動から情緒へと発達したことを示し、重要な発達の指標である。しかし、人見知りはつねにかならず現れるわけではなく、その現れ方もかなり個人差がみられる。また、自閉児や施設で育った子供には、人見知りの時期を経ないものが多い。[山崖俊子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

人見知りの関連情報