コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感熱式プリンター かんねつしきぷりんたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

感熱式プリンター

加熱すると発色する感熱紙に、サーマルヘッドで熱を加えて印刷する方式のプリンター。小型化が容易なため、レジスターなどでレシートの印刷に使用されている。しかし、長期保存ができない感熱紙を使うため、コンピューター用としてはあまり使用されていない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんねつしき‐プリンター【感熱式プリンター】

感熱紙に印字ヘッドを接触させ、パルス電流で瞬時に加熱して、文字を印字するプリンター。コンピューター・ファクシミリなどに使用。サーマルプリンター

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

感熱式プリンターの関連キーワードココドリ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感熱式プリンターの関連情報