慢性アルコール中毒(読み)マンセイアルコールチュウドク

精選版 日本国語大辞典の解説

まんせい‐アルコールちゅうどく【慢性アルコール中毒】

〘名〙 (アルコールは alcohol) 長期にわたるアルコール飲料の飲過ぎの結果、身体障害を起こした状態。精神神経症状を主とするものに幻覚・痙攣(けいれん)・振顫・感情失禁・知能荒廃・虚言症を示すものが多いが、その他肝障害、心筋障害も認められる。一般的には、アルコール中毒やアルコール依存症の結果生ずる精神障害全般をさす一種の上位概念としても用いられる。→アルコール依存症。〔薬の効用(1964)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android