コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性ベリリウム肺 まんせいべりりうむはい

1件 の用語解説(慢性ベリリウム肺の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいべりりうむはい【慢性ベリリウム肺】

 半導体の製造工場などで、酸化ベリリウムと接触、吸入することによっておこる職業性の肺の病気です。
 息苦しさで発病し、胸部X線写真では、両肺にびまん性の陰影がみられます。
 肺の中に、類上皮細胞肉芽腫(るいじょうひさいぼうにくげしゅ)と呼ばれる病変(サルコイドーシスでもみられる病変)が現われ、10年以上の長い年月を経て肺の線維化が進み、組織がかたくなって呼吸ができなくなり、不幸な結果に終わります。
 日本では、1972年にベリリウムの使用に、きびしい法的規制が行なわれるようになって、新しい患者さんはほとんど出ていません。
 しかし、知らないところでベリリウムが使用されている可能性もありますので、息苦しさのある患者さんは、詳しく診察してもらう必要があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性ベリリウム肺の関連キーワードガリウム砒素エッチング過酸化ナトリウム過酸化バリウム酸化バリウム真性半導体水酸化ナトリウム水酸化バリウムベリリウムガリウム砒素IC

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone