コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性静脈不全症 まんせいじょうみゃくふぜんしょう Chronic Venous Insufficiency

1件 の用語解説(慢性静脈不全症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいじょうみゃくふぜんしょう【慢性静脈不全症 Chronic Venous Insufficiency】

[どんな病気か]
 静脈の還流障害(かんりゅうしょうがい)が慢性化して下肢(かし)に血液がうっ滞(たい)することでおこる病気で、下肢のむくみ、腫(は)れ、痛み、しこり、湿疹(しっしん)、色素沈着や潰瘍(かいよう)など、多彩な症状をともないます。
[原因]
 深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)が原因となる場合と、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)が原因となる場合とがあります。
 深部静脈血栓症の経過が順調な場合は血流が再開通しますが、狭窄(きょうさく)が残ったり、側副血行路(そくふくけっこうろ)(バイパスの血管)の発達が悪かったり、あるいは血栓のために弁がこわれて逆流したりするようになると、下肢に血液がうっ滞し、慢性静脈還流障害(まんせいじょうみゃくかんりゅうしょうがい)となります。これを静脈血栓後遺症(じょうみゃくけっせんこういしょう)ともいい、慢性静脈不全症の原因でもっとも多いものです。
 一次性静脈瘤(いちじせいじょうみゃくりゅう)も原因となります。表在静脈の逆流の程度と慢性静脈不全症の重症度とは関係があり、逆流が高度な場合は潰瘍ができることもあります。
[治療]
 原因疾患別に治療を行ないます。下腿潰瘍(かたいかいよう)の場合は、入院して安静にする必要があります。深部静脈に対して、弁形成術(べんけいせいじゅつ)、ストリッピング(血管抜去術(けっかんばっきょじゅつ))や植皮術(しょくひじゅつ)が行なわれることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性静脈不全症の関連キーワード下大静脈肝静脈食道静脈瘤起座呼吸静脈弁何心地不死身鬱血大腿静脈半奇静脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone