コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下肢静脈瘤 かしじょうみゃくりゅう Varicose Vein of Lower Extremity

2件 の用語解説(下肢静脈瘤の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かしじょうみゃくりゅう【下肢静脈瘤 Varicose Vein of Lower Extremity】

[どんな病気か]
 立っているときに下肢(かし)(足)の表在静脈ひょうざいじょうみゃく)(皮膚近くにある静脈)に血液がたまり、血管が蛇行(だこう)したり、こぶ(瘤)のようにふくれ上がる病気です。
 血液は、心臓から動脈を通って全身へ送られ、静脈を通って再び心臓へもどります。動脈血は心臓から高い圧力で押し出されますが、静脈血は心臓の吸引力、筋肉のポンプ作用、静脈弁のはたらきによって効率的に還流(かんりゅう)されます。四肢(しし)(手足)の静脈には、深部を走る静脈(深部静脈(しんぶじょうみゃく))、表面を走る静脈、そしてこれらを結ぶ交通枝(こうつうし)の3系統があります。
 歩行などリズミカルな運動を行なうと、下肢の筋肉が収縮したときに筋膜(きんまく)でおおわれている筋肉群がポンプの役目をはたして静脈血を心臓のほうへ押し上げ、緩んだときに表在静脈から交通枝を通って深部静脈に流れ込みます。静脈内には、一方通行の弁がところどころにあり、上がってきた血液と表面から深部に流れ込んできた血液が逆流しないようにしています。
 ところが、表在静脈内の弁が故障すると、深部静脈を上がってきた血液が深部静脈と表在静脈の合流点から表在静脈のほうへ逆流してしまいます。交通枝の弁が故障しても、深部から表在への逆流現象がおこります。その結果、表在静脈がうっ血(血液がたまった状態)をおこします。
 この現象が長い年月続くと、表在静脈は拡張して蛇行するようになり、皮膚表面に瘤のような異様な形が浮き上がって見えるようになります。これが静脈瘤(じょうみゃくりゅう)で、男性よりも女性に多くみられます。
[症状]
 下肢に静脈血がうっ滞しているために、長時間立ち続けると下肢がむくみ、重だるくなったり、突っ張ったりします。静脈が拡張蛇行している場所が痛むこともあります。また、夜間睡眠中に「こむら返り」(下肢の筋肉のけいれん)がしばしばみられます。一般に血液のうっ滞症状は血流量の増加する夏に強くなります。
 年月がたって病態が進行すると、うっ滞した血液成分が静脈から皮膚にしみだし、皮膚に褐色の色素沈着がみられるようになります。放置しておくと、色素沈着をおこした部分に湿疹(しっしん)(静脈性湿疹(じょうみゃくせいしっしん))ができてかゆくなり、さらに進行すると潰瘍(かいよう)になります。これを下腿潰瘍(かたいかいよう)といいます。ふくらはぎの下3分の1のあたりの内側部分によくできます。
[原因]
 表在静脈と交通枝の弁の異常がおもな原因です。加齢によって静脈の壁がもろくなることも原因の1つと考えられています。
 深部静脈に血栓(けっせん)(血のかたまり)ができる深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)でも、表在静脈に静脈瘤ができることがあります。これを二次性静脈瘤(にじせいじょうみゃくりゅう)といいます。
 長時間立ち続けなければならない職業の人によくおこります。女性では妊娠、分娩(ぶんべん)(とくに2回目以降)がきっかけになることが多いようです。これは、妊娠で大きくなった子宮で骨盤内の静脈が圧迫され、そこから下の静脈にうっ血がおこるためと考えられています。
 親子で静脈瘤がみられることもときにあります。これは遺伝的な素因(静脈の弁や壁のもろさ)が原因だと考えられています。
[検査と診断]
 超音波検査や静脈に造影剤を注射してX線写真をとる方法(静脈造影(じょうみゃくぞうえい))を行なって、血液が逆流している場所を確認します。これは外科治療を行なうときや二次性静脈瘤と区別するためにたいせつな検査です。
 静脈圧を測定して、下肢の血液うっ滞の程度を調べることもあります(コラム静脈の血圧」)。
[治療]
 症状がないとき、あるいは軽いだるさやむくみだけの場合は、夜間就寝時に足を少し高くし、弾力包帯や弾力ストッキングを装着します。弾力包帯による圧迫は、個人差が大きく、また緩みやすいので、弾力ストッキングのほうが便利です。静脈瘤の治療用には、中圧(足関節部での圧迫力が30~40mmHg程度)のストッキングが用いられています。
 かゆみや痛みをともなうなど症状が強い場合は、積極的な治療を行ないます。従来は、拡張蛇行した静脈を縛るか抜去(ばっきょ)する手術(ストリッピング術)、異常な弁を修繕する手術などが行なわれてきました。しかし、入院が必要となったり、手術の傷跡が残るなどの理由から、ためらう人も多いようです。最近では軽度から中等度の症例に対しては、拡張した血管の中に硬化剤を注入して固めてしまう硬化療法(こうかりょうほう)が行なわれるようになりました。
 硬化療法は、手術治療と比較すると、再発が多いこと、治療後軽度の血栓形成があること、色素沈着がみられるなどの欠点もありますが、外来で治療でき、短時間ですむため、硬化療法を行なう医療機関はさらに増えると思われます。現在では、保険で治療できます。
 瘤化(りゅうか)した静脈は役に立たず、むしろ支障をきたすため、取り去るか固めてしまうほうがよいのです。それによる障害もほとんどありません(表在静脈を通って心臓へもどる血液は、全体の1割程度のため)。
 ただし、深部静脈血栓症(「深部静脈血栓症」)にともなう二次性の静脈瘤には、注意しなければなりません。これは拡張した表在血管が側副血行路(そくふくけっこうろ)(バイパス血管)になっているため、つぶすわけにはいかないからです。
 手術治療は外科(とくに血管外科)で、硬化療法は血管外科のほか、皮膚科や血管内科で行なうところもあります。
[予防]
 予防のためには、①長時間立っていることを避ける、②立っているときには、弾力ストッキングを着用する(予防のためならば弱圧でもよい)、③就寝時には下肢を枕(まくら)2つ分ほど高くして寝る、の3つを励行(れいこう)しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

下肢静脈瘤の関連キーワードいざさらば卓立立っているものは親でも使え時に何心地不死身プリマドンナ病は気から立暗み

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下肢静脈瘤の関連情報