コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣熟 カンジュク

デジタル大辞泉の解説

かん‐じゅく〔クワン‐〕【慣熟】

[名](スル)物事になれてじょうずになること。「機械の操作に慣熟する」「慣熟飛行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじゅく【慣熟】

( 名 ) スル
物事に十分になれて、上手になること。 「芸に-することを求め/西国立志編 正直

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

慣熟の関連キーワード内田クレペリン精神作業検査コンバットシミュレーター客室乗務員西国立志編軍事演習画本

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慣熟の関連情報