習熟(読み)しゅうじゅく

精選版 日本国語大辞典「習熟」の解説

しゅう‐じゅく シフ‥【習熟】

〘名〙 繰り返しけいこをして上手になること。なれてよく覚えること。また、なれて習慣となること。修熟。
※史記抄(1477)一七「蓋其技能習熟之所使然也」
※養生訓(1713)六「病者に対して、病症を久しく歴見して習熟し」 〔蔡邕‐議郎胡公夫人哀讚〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「習熟」の解説

しゅう‐じゅく〔シフ‐〕【習熟】

[名](スル)そのことに十分に慣れ、じょうずになること。熟達。「運転技術に習熟する」「習熟度」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android