慰撫(読み)いぶ

精選版 日本国語大辞典「慰撫」の解説

い‐ぶ ヰ‥【慰撫】

〘名〙 人の心をめいたわること。
※東帰集(1364頃)問蘭無香並序「分芳遠寄一窩中。憐我幽独来慰」 〔漢書‐匡衡伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「慰撫」の解説

い‐ぶ〔ヰ‐〕【慰×撫】

[名](スル)なぐさめいたわること。「人心慰撫する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「慰撫」の解説

【慰撫】い(ゐ)ぶ

慰め安んずる。〔漢書、匡衡伝〕(しき)りに骸骨を乞ひ、を讓らんとす。上(しやう)輒(すなは)ち詔書を以て、慰撫して許さず。

字通「慰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android