コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慰撫 イブ

デジタル大辞泉の解説

い‐ぶ〔ヰ‐〕【慰×撫】

[名](スル)なぐさめいたわること。「人心を慰撫する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぶ【慰撫】

( 名 ) スル
人の怒りや不安をなだめ、いたわること。 「賄賂でも使つて-するより外に道はない/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

慰撫の関連キーワード侮・不・侮・分・奉・撫・武・歩・無・舞・蕪・誣・部コンスタンティヌス(大帝)フローリス[5世]チェコスロバキア新疆ウイグル問題室町時代(年表)キリスト教文学吾輩は猫である石川 喜三郎泰定帝[元]ブキドノン族真興王拓境碑呉楚七国の乱安国寺利生塔猿屋町会所忍坂大中姫ジャンガラ修学院離宮厚岸[町]イフガオ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慰撫の関連情報