コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶州古墳群 けいしゅうこふんぐんKyǒngju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶州古墳群
けいしゅうこふんぐん
Kyǒngju

韓国慶尚北道慶州市にある新羅時代の古墳群をいう。この地は新羅建国以来滅亡にいたるまでの都であった。したがって慶州市街地の内外いたるところに多数の古墳がある。特に月城の北側,路東洞,路西洞,皇吾洞,皇南洞にわたる地域には,古新羅時代の大型木槨積石塚が密集し,古新羅時代の王陵群と目される。このうち金冠塚飾履塚瑞鳳塚銀鈴塚などは第2次世界大戦前に調査され,壺う塚 (こうづか) ,天馬塚古墳慶州 98号墳などは大戦後に調査された。いずれも多数の重要な遺物が発見されている。慶州市郊外にも多数の古墳があり,特に西岳里,忠孝里には武烈大王陵,伝金 庾信墓などをはじめ,三国統一期前後の墓があり,統一新羅以降の王陵は狼山周辺に多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

慶州古墳群の関連キーワードキョンジュ(慶州)市金鈴塚

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android