コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飾履塚 しょくりづかSikri-ch'ong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飾履塚
しょくりづか
Sikri-ch'ong

韓国慶尚北道慶州市にある5~6世紀の石塚。 1924年の調査の際,装身具,武器,馬具などとともに,表面に鳥獣,蓮華鬼面などの文様を陽刻した金銅製の飾り履 (くつ) が発見されたのでこの名がつけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょくりづか【飾履塚 Singni‐ch‘ong】

大韓民国,慶尚北道慶州市路東洞に所在する新羅の墳墓慶州古墳群で最大の鳳凰台古墳の南約15mに隣接して築造されており,1924年に発掘された。長さ5.3m,幅3.3m,高さ1.2mの木槨を河原石でおおい,盛土した積石木槨墳で,径30m,高さ6mに復元された。木槨内には木棺が安置され,遺骸は東枕で伸展葬されていた。被葬者は,白樺樹皮製の冠帽をかぶり,金製耳飾,頸飾,銀製銙帯(かたい),銀釧(ぎんくしろ),金銅飾履をまとっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

飾履塚の関連キーワード大韓民国金鈴塚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android