コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金冠塚 きんかんづか Kǔmgwan-ch'ong

7件 の用語解説(金冠塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金冠塚
きんかんづか
Kǔmgwan-ch'ong

韓国慶尚北道慶州市路西洞にある三国時代新羅の古墳。 1921年,偶然の機会に発掘された。遺物の出土状況は明瞭ではないが,多数の金製装身具をはじめとする豊富な遺物は,その後の慶州の古墳調査の大きな端緒となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんかん‐づか〔キンクワン‐〕【金冠塚】

韓国、慶州市にある新羅(しらぎ)時代の古噴の一。積石塚で、5世紀末ごろの造営。木棺内から黄金製の冠など、豪華な装身具が多数発見された。クムグヮンチョン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金冠塚【きんかんづか】

韓国,慶尚北道慶州にある5世紀末―6世紀初頭の古墳。1921年発掘。漆塗の木棺を置いた積石木槨墳で,黄金製の冠,耳飾,釧(くしろ),指輪などのほか玉類,武器,馬具など豊富な遺物が出土し,古新羅の富の豊かさを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんかんづか【金冠塚 Kǔmgwan‐ch‘ong】

大韓民国慶尚北道慶州市(慶州)路西洞に所在する慶州古墳群中の1基である。1921年に偶然発見され,緊急の発掘調査がおこなわれた。発掘の結果,径約46m,高さ約12mの円墳に復元されることが判明した。古墳は,長方形状の墓壙を掘り,その中央に木材を組み合わせた槨をつくり,木棺を安置し,さらに槨外に人頭大の河原石を積み,盛土した積石木槨墳である。副葬品は豪華で,被葬者は古墳名の由来となった金冠をかぶり,切子玉・小玉・勾玉をつらねた首飾,金製腰佩をつけ,腕・足には金銀製釧(くしろ)・指輪・金銅製飾履をつけていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんかんづか【金冠塚】

韓国、慶尚北道慶州市にある新羅しらぎ時代の墳墓。積み石塚で、木棺から黄金製の冠など、豪華な装身具が発見された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

きんかんづか【金冠塚】

韓国南部、キョンサンプクト(慶尚北道)キョンジュ(慶州)市街の古墳公園の中にある古墳の一つ。1921年9月に同市中心部の商家の裏庭で偶然発見された陵墓で、木棺の中から金銀製の装飾品とともに絢爛豪華な黄金製の王冠を出土したため、こう名づけられた。この古墳は6世紀前後の新羅王の墓と推定されている。出土品は国立慶州博物館に収蔵・展示されている。◇「クムグァンチョン」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金冠塚
きんかんづか

韓国(大韓民国)、慶州(けいしゅう/キョンジュ)市にある三国時代新羅(しらぎ)の積石木槨(つみいしもっかく)墳。1921年偶然に発見され、金冠が出土したことからこの名称がつけられた。底径約45メートル、高さ約12メートルの円墳で、封土下に木槨が設置され、漆塗りの木棺が安置されていたようである。棺内から、金製冠(かんむり)、耳飾、釧(くしろ)(かたい)、腰佩(ようはい)や金銅製飾履などが着装された状態で出土し、槨内から多種多量の武器、馬具、容器類が出土。そのうち青銅(しょうと)は中国製、ガラス杯は西アジア製と考えられるが、大部分は新羅製で、当時の金属工芸技術の高さを示す。出土品の華麗さ豊富さからみて、王陵級の古墳であり、ほぼ5世紀後葉ごろを中心とした年代と考えられる。[定森秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金冠塚の言及

【漆絵】より

…17世紀になると民間で漆絵器がかなり流行し,18世紀には漆絵と鎗金(そうきん)を併用した存星がつくられた。朝鮮半島でも慶州金冠塚などから新羅時代の漆絵の遺物が発見されているが,その後,見るべきものは少ない。 日本における最古の例は,縄文前期とされる福井県鳥浜貝塚出土の漆器断片で,乱線や抽象文を赤い漆で描いている。…

※「金冠塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金冠塚の関連キーワード慶州飾履塚大韓民国青瓦台大邱慶州民俗工芸村古墳公園普門観光団地武烈王陵壺杅塚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone