コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天馬塚古墳 てんまづかこふんCh'ǒnma-ch'ong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天馬塚古墳
てんまづかこふん
Ch'ǒnma-ch'ong

韓国慶尚北道慶州市皇南洞 155号墳をいう。直径 47m,高さ 12.7mの墳丘をもつ。墳丘内中央に川原石で築いた積石部があり,その中に東西 4.2m,南北 6.6mの巨大な木槨を築く。木槨内には副葬品室と木棺を配置している。金冠,帯金具,垂飾,ガラス容器などの多数の重要な遺物が発見されており,特に天馬図を描いた白かば樹皮製障泥が発見されたので,古墳の名とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天馬塚古墳の関連キーワード慶州古墳群

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android