コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺う塚 こうづかHou-ch'ong

1件 の用語解説(壺う塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壺う塚
こうづか
Hou-ch'ong

韓国慶尚北道慶州市路西洞にある三国時代新羅の古墳。 1946年,韓国の考古学者が初めてみずからの手で発掘した古墳。内部は通常の積石木槨であったが,金製装飾品,馬具,武器などとともに発掘された被葬者の頭部付近に置かれていた銅鋺 (かなまり) は,底部に「乙卯年国岡上広開土地好太王壺う十」の銘が陽鋳されていて,5世紀における高句麗と新羅の文化的交流を示す資料として重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone