コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶範 けいはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶範 けいはん

997-1061 平安時代中期の僧。
長徳3年生まれ。越前守(えちぜんのかみ)藤原安隆の子。天台宗。延暦(えんりゃく)寺で慶命(けいみょう)に師事。法性寺座主(ざす),宇治平等院別当などをつとめた。康平3年僧正。歌が「金葉和歌集」に1首おさめられている。康平4年5月1日死去。65歳。号は円融房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慶範の関連キーワード慶政仁覚

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慶範の関連情報