コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶命 けいみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶命 けいみょう

965-1038 平安時代中期の僧。
康保(こうほう)2年生まれ。大宰少弐(だざいのしょうに)藤原孝友の子。京都の人。比叡山(ひえいざん)静慮院の遍救(へんく)にしたがって受戒し,無動寺にはいる。万寿5年天台座主(ざす)。長元3年上東門院(太皇太后彰子)が法成寺(ほうじょうじ)東北院をたてたおり,落慶供養の導師をつとめた。4年大僧正。長暦(ちょうりゃく)2年9月7日死去。74歳。

慶命 きょうみょう

けいみょう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慶命の関連キーワード百済慶命藤原顕信百済永慶源定明快良真長宴慶範源鎮康保

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android