コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐妊期間 かいにんきかんgestation period

世界大百科事典 第2版の解説

かいにんきかん【懐妊期間 gestation period】

経済学用語。投資の懐妊期間の意味で,資本財の生産着手からそれが完成して稼働しはじめるまでに経過する時間を指す。この語を初めて用いたのはケンブリッジ大学の経済学者A.C.ピグーとD.ロバートソンであったが,基本的概念の発案者はフランスのアフタリオンAlbert Aftalion(1874‐1956)である。アフタリオンは1913年,暖炉に点火してから部屋の温度が上がるまでには時間がかかるため,寒いからといって石炭をたきつづければ,やがて部屋は耐えられないほどに暑くなるという有名な比喩を用い,消費財需要の増加に合わせて投資が続く景気上昇期の後には,懐妊期間を経た資本設備が生産を開始するに至って,ブームの崩壊と景気後退が続くという景気理論を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懐妊期間の関連キーワードアフタリヨンタイムラグ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android