懐子(読み)フトコロゴ

デジタル大辞泉の解説

ふところ‐ご【懐子】

親の懐に抱かれる幼な子。
大事に育てられた子。転じて、世間知らずの子。箱入り娘。
「並の―とは違って、少しの苦しみや愁(つら)い位は驚きやしないから」〈風葉・深川女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところご【懐子】

大切に育てられた子供。また、世間知らずの子、特に娘。 「とみは富家ふうかの-で、性質が温和であつた/渋江抽斎 鷗外
親が懐に入れるような幼児。嬰児。 「ほんの-でござります/浮世草子・風流曲三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふところ‐ご【懐子】

[1] 〘名〙 親ので養育される幼児。親の懐に抱かれる嬰児。また、親に大事に育てられた子。秘蔵の子。転じて、世間知らず。特に、箱入娘
※俳諧・毛吹草(1638)五「外しらぬ雉子(きぎす)や山のふところ子」
[2] 俳諧撰集。二〇冊。重頼編。万治三年(一六六〇)刊。重頼が十余年間にわたって集めた自他の発句・付句集、及び詞寄。発句には本歌を付記する。宗因の句が大量に入集し、句風にも談林風へと展開する兆しが窺われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐子の関連情報