コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐子 フトコロゴ

デジタル大辞泉の解説

ふところ‐ご【懐子】

親の懐に抱かれる幼な子。
大事に育てられた子。転じて、世間知らずの子。箱入り娘。
「並の―とは違って、少しの苦しみや愁(つら)い位は驚きやしないから」〈風葉・深川女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところご【懐子】

大切に育てられた子供。また、世間知らずの子、特に娘。 「とみは富家ふうかの-で、性質が温和であつた/渋江抽斎 鷗外
親が懐に入れるような幼児。嬰児。 「ほんの-でござります/浮世草子・風流曲三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

懐子の関連キーワード藤原伊尹(ふじわらのこれただ)藤原氏(鎌足に始まる氏族)宗子内親王(2)尊子内親王花山天皇浮世草子箱入り娘藤原義懐松江重頼恵子女王渋江抽斎藤原伊尹

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐子の関連情報