懐子(読み)フトコロゴ

デジタル大辞泉の解説

ふところ‐ご【懐子】

親の懐に抱かれる幼な子。
大事に育てられた子。転じて、世間知らずの子。箱入り娘。
「並の―とは違って、少しの苦しみや愁(つら)い位は驚きやしないから」〈風葉・深川女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふところご【懐子】

大切に育てられた子供。また、世間知らずの子、特に娘。 「とみは富家ふうかの-で、性質が温和であつた/渋江抽斎 鷗外
親が懐に入れるような幼児。嬰児。 「ほんの-でござります/浮世草子・風流曲三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐子の関連情報