コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸想ぶ ケソウブ

デジタル大辞泉の解説

けそう・ぶ〔ケサウぶ〕【懸想ぶ】

[動バ上二]
恋い慕う気持ちを態度に表す。なまめいた態度をとる。けそうだつ。
「はじめより―・びても聞こえ給はざりしに」〈夕霧
なまめかしい雰囲気になる。
「灯こそいと―・びたる心地すれ」〈玉鬘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けそうぶ【懸想ぶ】

( 動上二 )
恋している様子をする。 「見給へよ、-・びたる文のさまか/源氏 夕霧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報