コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成川揆 なるかわ はかる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成川揆 なるかわ-はかる

1859-1919 明治時代の軍人。
安政6年10月20日生まれ。明治38年5月の日本海海戦当時の仮装巡洋艦信濃丸(しなのまる)艦長哨戒(しょうかい)中,五島列島付近でバルチック艦隊を発見,「敵艦隊見ゆ」と歴史的な打電をした。39年海軍少将。大正8年1月26日死去。61歳。江戸出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

成川揆の関連キーワード明治時代軍人

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android