コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哨戒 しょうかい patrol

翻訳|patrol

4件 の用語解説(哨戒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哨戒
しょうかい
patrol

敵の航空機,艦船が一定の空域,水域へ侵入するのを,哨戒機,哨戒艦艇レーダ見張り所などを用いて警戒すること。発見すれば適応処置をとる。偵察や索敵が,特定の地域で敵を発見,観察するために作戦期間中実施されるのに対し,哨戒はほとんど常時行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐かい〔セウ‐〕【×哨戒】

[名](スル)敵の襲撃を警戒して、軍艦や飛行機で見張りをすること。「領空を哨戒する」「哨戒飛行」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかい【哨戒 scouting】

敵の侵入や襲撃に備えて,周辺あるいは特定の区域を警戒することをいう。軍事活動上,捜索,阻止哨戒,触接追尾,偵察等を包括して哨戒と呼ぶこともある。哨戒はすべての作戦の基盤をなすもので,有効かつ適切な哨戒は作戦の成果を大きく左右するものである。哨戒は,作戦地域の特徴と敵,味方の状況等によって,水上艦艇,航空機,潜水艦およびレーダー等の固定兵器を組み合わせ,一般に領海外数カイリから数十カイリを対象に行うものであるが,ミサイルおよびレーダー等の兵器の発達により,情勢によっては100カイリ以上あるいは敵基地近くまで行うことが必要な場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうかい【哨戒】

( 名 ) スル
敵の攻撃に備えて見張りをすること。 「徹夜で-する」 「 -艇」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哨戒の関連キーワード壕舎砦柵鎖鑰哨艦カプルナクルニク鹿砦男なら免疫機構バイア・ブランカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

哨戒の関連情報