扶桑(読み)フソウ

  • ふそう ‥サウ
  • ふそう〔サウ〕
  • 扶桑 Fú sāng

世界大百科事典 第2版の解説

とも書く。中国神話にみえる太陽の昇る木。《山海経(せんがいきよう)》海外東経に,〈湯谷の上に扶桑あり,十日の浴する所〉〈大木あり。九日下枝に居り,一日上枝に居る〉とあって,十日が順次この木から天路に上るとするが,馬王堆第1号漢墓(馬王堆漢墓)出土帛画(はくが)にみえる。太陽の降る木を若木といい桑樹。桑は神木とされ,禹(う)には台桑,伊尹いいん)にも空桑説話がある。扶桑は東海の海上にあるとされ,のち日本の異名となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 昔、中国で太陽の出る東海の中にあるといわれた、葉が桑の木に似た神木。また、その地の称。扶揺。扶桑木。
※延喜式(927)祝詞「東は扶桑に至り、西は虞淵(ぐえん)に至り」
※神皇正統記(1339‐43)上「東海の中に扶桑の木あり、日の出所なり」 〔楚辞‐離騒〕
② 太陽。
※本朝文粋(1060頃)一・菟裘賦〈兼明親王〉「扶桑豈無影乎、浮雲掩而乍昏」
③ 植物「ぶっそうげ(仏桑花)」の漢名。《季・夏》 〔薬品手引草(1778)〕
[2] 中国から見て太陽の出る東の方にある国。すなわち、日本国の異称。扶桑国。
※田氏家集(892頃)中・夏夜於鴻臚館餞北客帰郷「行李礼成廻節信、扶桑恩極出蓬壺
※天草本平家(1592)読誦の人に対して書す「バウバウタル コカイニ フナワタリ シテ〈略〉 Fusǒni(フサウニ) アトヲ トドメ」 〔王維‐送秘書晁監還日本国詩序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の扶桑の言及

【東】より

…さらに《続日本紀》慶雲1年(704)7月の条にみえる,この月に帰朝した遣唐使の粟田朝臣真人に関する旅行体験談には,〈海東〉とか〈大倭国〉とか〈君子国〉とかの語がちりばめられている。 平安時代に入ってから用いられた〈扶桑(ふそう)〉とか〈夫木(ふぼく)〉とかの日本国の別称も,もともと,中国古代神話において,東海のかなた太陽の出る所にあると信じられた大きな神木をさし,またその地をさしていた。中世から近世にかけて,日本の知識人は自国の異称に〈東海〉〈東洋〉〈東瀛(とうえい)〉〈東鯷(とうてい)〉などの語をそのまま用いたが,これらの異称は,いずれも東シナ海の東方に存在する島国という意味である。…

※「扶桑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扶桑の関連情報