成田清兵衛(読み)なりた せいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田清兵衛 なりた-せいべえ

1638-1718 江戸時代前期-中期の剣術家。
寛永15年生まれ。下野(しもつけ)宇都宮で佐々木元伯に戸田流剣術をまなぶ。承応(じょうおう)3年福岡藩主黒田光之に,明暦2年熊本藩主細川綱利(つなとし)につかえる。二天流の寺尾信行に敗れてその門にはいり,信行から四天流の名をあたえられた。享保(きょうほう)3年7月22日死去。81歳。肥前唐津(佐賀県)出身。名は高重。前名は佐々木卯平太,清水甚兵衛(甚之允)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android