コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原天草一揆 シマバラアマクサイッキ

デジタル大辞泉の解説

しまばら‐あまくさ‐いっき【島原天草一揆】

寛永14年(1637)から翌年にかけて、九州の島原天草に起こったキリシタン信徒を主とする農民一揆(いっき)幕府禁教政策と領主苛政(かせい)に対し、天草四郎時貞を頭(かしら)とする約4万の農民・浪人が原城にこもって頑強に抵抗、幕府軍によって4か月後に落城した。島原の乱天草の乱天草一揆

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

島原天草一揆の関連キーワード雲仙天草国立公園江戸時代(年表)キリシタン禁制島原・天草一揆有馬(長崎県)有明(熊本県)南島原(市)天草(市)破吉利支丹益田甚兵衛土豪一揆立花宗茂南蛮貿易益田時貞天草崩れ天草諸島松倉勝家松平信綱板倉重昌天草四郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android