島原天草一揆(読み)シマバラアマクサイッキ

デジタル大辞泉の解説

しまばらあまくさ‐いっき【島原天草一揆】

寛永14年(1637)から翌年にかけて、九州の島原天草に起こったキリシタン信徒を主とする農民一揆(いっき)幕府禁教政策と領主苛政(かせい)に対し、天草四郎時貞を頭(かしら)とする約4万の農民・浪人が原城にこもって頑強に抵抗、幕府軍によって4か月後に落城した。島原の乱天草の乱天草一揆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島原天草一揆の関連情報