島原天草一揆(読み)シマバラアマクサイッキ

デジタル大辞泉の解説

しまばらあまくさ‐いっき【島原天草一揆】

寛永14年(1637)から翌年にかけて、九州の島原天草に起こったキリシタン信徒を主とする農民一揆(いっき)幕府禁教政策と領主苛政(かせい)に対し、天草四郎時貞を頭(かしら)とする約4万の農民・浪人が原城にこもって頑強に抵抗、幕府軍によって4か月後に落城した。島原の乱天草の乱天草一揆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島原天草一揆の関連情報