成虫原基(読み)せいちゅうげんき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成虫原基
せいちゅうげんき

昆虫の幼虫内にあり、将来、はね、触角、肢(あし)など成虫の諸器官となる原基をいう。成虫芽(が)ともよぶ。胚(はい)の発生時、その分化を決定された細胞塊は成虫原基として幼虫器官の近傍とか、将来あるべき位置の表皮下に畳み込まれている。これら成虫原基は幼虫期の間に成長を続け、幼虫最終齢期になると、アラタ体ホルモンの消失に続いて前胸腺(せん)から分泌されるエクジソンの作用により急激に発達分化する。完全変態の動物では、蛹(さなぎ)になる際に成虫原基は急激に体表に現れる。一方、不完全変態の昆虫では、成虫原基は幼虫器官と同時に成長し、最終脱皮とともに幼虫器官と置き換わる。完全変態類では、成虫原基の分化は強く決定されている。しかし、移植を繰り返し長期間増殖させた成虫原基を、宿主とともに分化させると、本来のものと違ったものに分化すること、すなわち分化の転換をすることが知られている。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android