コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成都揚子山漢墓(読み)せいとようしざんかんぼ(英語表記)Chéng dū yáng zǐ shān hàn mù

世界大百科事典 第2版の解説

せいとようしざんかんぼ【成都揚子山漢墓 Chéng dū yáng zǐ shān hàn mù】

中国,四川省成都市北郊小揚子山と揚子山にかけて営まれた漢墓群。そのうち揚子山1号墓は墓室に画像塼と画像石をあわせ装飾する。前室は塼築で,左右壁の途中に長さ49cm,高さ43cmの画像塼をはめこむ。両壁とも外側が(けつ)の画像で,左壁は車馬,騎吹,弋射(よくしや)収穫の,右壁は騎吹,車馬,騎吏の画像が続く。中室は下部を石材で築き,中間に画像石を飾り,上部は塼築である。画像石は高さ47cm,右壁は長さ6.04mで長大な車馬行列を,左壁は長さ5.12mで前部は右壁に続く車馬行列,中部・後部は宴楽雑伎をあらわしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android