画像塼(読み)ガゾウセン

精選版 日本国語大辞典の解説

がぞう‐せん グヮザウ‥【画像塼】

〘名〙 画像のある塼(れんがの一種)。中国漢代以後、宮殿仏殿陵墓城壁などに用いられた。文字、人物、動植物幾何学文などがあり、朝鮮三国時代、新羅統一時代にも多用され、日本では奈良県明日香村にある岡寺の天人塼、高取町にある南法華寺の鳳凰塼などが有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の画像塼の言及

【画像石】より

…画題,表現様式,技法にはこれらの地方において差がある。 画像石に類するものに画像塼がある。これは画像,文様を細泥でつくられた塼の表面にスタンプしたり,型づくりしたもので,戦国時代末期から前漢代初期にかけての空心塼からはじまって,六朝時代の文様塼にいたるまである。…

【塼】より

…戦国時代の列国の宮殿址では,塼が多用されており,床敷きや排水溝に用いられている。秦・漢時代になると方塼,長方塼,空心塼,子母塼,楔形塼,画像塼など塼の基本形が出そろう。方塼は正方形の板状を呈し,表面に文様を型押しする場合が多い。…

【煉瓦】より

煉瓦造建築【桐敷 真次郎】
[中国]
 中国では煉瓦を塼(せん)と称し,その歴史は古く,日乾煉瓦は殷代の出土遺物があるほか,西周時代の文献に甓(へき)の名で見える。焼成した塼は戦国時代の宮殿に用いられており,漢代には数多くの塼造アーチ構造の墓が築かれ,その形状も中空の空心塼,床面に敷く文様を施した花塼,壁面を飾る大型の画像塼,(ほぞ)をつくり出した子母塼など多彩な類型が現れる。北宋時代の建築技術書には通常の形状のほか,小口を斜面につくる城壁用,アーチ用の楔形などの規格があり,用途も基壇積み,床面敷設,壁,階段,屋外通路の舗装,水路などの多岐にわたっている。…

※「画像塼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android