コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯場楽屋図会 しばいがくやずえ

世界大百科事典 第2版の解説

しばいがくやずえ【戯場楽屋図会】

歌舞伎解説書。松好斎半兵衛著。正編2冊,拾遺2冊。刊行は内容から推して正編が1801年(享和1),拾遺が04年(文化1)か。大坂塩屋,河内屋八文字屋刊。このうち塩屋板が初板か。塩屋板には拾遺下之巻の役者似顔絵が色摺りのものがある。著者は当代第一の大坂の歌舞伎絵師で,内容は絵を中心に大坂の芝居について,劇場,役者,生活,行事,風俗などを解説している。拾遺は人形操りを中心に解説している。江戸出板の類書《羽勘三台図絵》や《戯場訓蒙図彙》のような滑稽本的な要素はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone