コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯場訓蒙図彙 しばいきんもうずい

世界大百科事典 第2版の解説

しばいきんもうずい【戯場訓蒙図彙】

歌舞伎解説書。式亭三馬著。勝川春英,初世歌川豊国画。8巻。1803年(享和3)刊。以後06年(文化3)の再板をはじめ数度後摺,復刻されている。初板のみは巻七の豊国描く役者似顔絵が色摺りである。後摺では《戯場訓蒙図絵》とも題する。芝居世界を一つの国に見立て,《訓蒙図彙》にならい,この世界のあらゆる事物を分類し絵を中心に解説する。先行の《羽勘三台図絵》の強い影響があり,同時期の《戯場楽屋図会》とも類似点が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報