コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田一西 とだ かずあき

2件 の用語解説(戸田一西の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

戸田一西

近江膳所藩戸田家初代当主。徳川家譜代の家臣。三河生。父は氏光。幼名を政成・信世等。三河国吉田での徳川家康武田勝頼との合戦、また長篠の合戦で軍功があった。小牧・長久手の役や小田原の役にも従軍した。関ヶ原の合戦では初め石田三成に従ったが、家康と通じ秀忠に付属された。大津城を経て膳所に移った。慶長7年(1602)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田一西 とだ-かずあき

1541-1602 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)10年3月生まれ。徳川家康につかえ,数々の戦功をたてる。武蔵(むさし)高麗(こま)郡(埼玉県)鯨井5000石,近江(おうみ)大津3万石をへて,慶長7年近江膳所(ぜぜ)藩主戸田家初代となる。3万石。慶長7年7月25日死去。62歳。三河(愛知県)出身。前名は政成,信世,康次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の戸田一西の言及

【膳所】より

…城を核として東西にのびる西ノ庄,木ノ下,膳所,中ノ庄,別保5ヵ村は町分を形成し,町中に東海道を通して,以後城下町として繁栄した。1601年(慶長6)初代城主は戸田一西(かずあき),その後城主は代々譜代の本多,菅沼,石川氏と交代し,51年(慶安4)再度本多氏が入封,近江国内で6郡,河内国内で3郡の膳所藩7万石(のち分封し6万石)を領有し,明治維新に至った。1901年に町制施行,33年大津市と合体した。…

【戸田氏】より

…そして尊次の四男正次(ただつぐ),忠昌の五男忠章(ただあきら),足利戸田家2代忠時の子忠義は旗本としてそれぞれに別家を興した。 宗光の4世の孫氏輝より出たとされる美濃国大垣城主の戸田家は,家康,秀忠に仕えた戸田一西(かずあき)が近江国大津城から同国膳所崎(ぜぜがさき)に築城して移され,その子の氏鉄(うじかね)が摂津国尼崎城主へ,そして1635年(寛永12)に大垣城主10万石に移封されて,明治に至った(大垣藩)。大垣新田藩祖の氏経,美濃国大野郡牛洞(うしぼら)に本拠をもつ旗本戸田氏の祖氏照は,氏鉄の次男と六男である。…

※「戸田一西」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸田一西の関連キーワード小笠原長治織田信益順専正玄正山雪林竹隠等木古田斎宮(初代)松浦久信

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone