コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝通院 でんつういん

11件 の用語解説(伝通院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝通院
でんつういん

[生]享禄1(1528).三河
[没]慶長7(1602).8.28. 伏見
江戸幕府初代将軍徳川家康の母,於大の方 (おだいのかた) の諡号。青木加賀守政信の娘で,母は大河内但馬守元綱の娘といわれる。水野右衛門大夫忠政の養女となって松平広忠に嫁した。天文 11 (1542) 年竹千代 (家康) を産んだが,父忠政が今川氏にそむいて織田氏についたため同 13年広忠と離縁,久松定俊に再嫁したが,老いてから家康のもとに帰り伏見城に居住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

伝通院
でんつういん

東京都文京区にある浄土宗の寺。無量山寿経寺。「でんづういん」ともいう。応永 22 (1415) 年了誉上人の開基。慶長7 (1602) 年徳川家康の生母である於大の方を葬り,その戒名によって伝通院と称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんずう‐いん〔デンヅウヰン〕【伝通院】

東京都文京区小石川にある浄土宗の寺。無量山寿経寺と称し、伝通院はその院号。開創は応永22年(1415)、開山は聖冏(しょうげい)。慶長7年(1602)徳川家康の生母お大の方の埋葬を機に、その法名で呼ばれるようになった。関東十八檀林の一。

でんづう‐いん〔‐ヰン〕【伝通院】

でんずういん(伝通院)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伝通院【でんづういん】

東京都文京区小石川にある浄土宗の寺。関東十八檀林の一つ。1415年聖冏(しょうげい)の開基で,初め小石川極楽水にあった。1602年徳川家康は生母於大を葬り,その法名により伝通院と改称し,現地へ移建。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伝通院 でんつういん

1528-1602 戦国-織豊時代,徳川家康の母。
享禄(きょうろく)元年生まれ。水野忠政の娘。天文(てんぶん)10年三河(愛知県)岡崎城主松平広忠にとつぎ家康を生む。父の死後,兄信元が松平氏と敵対していた織田氏に通じたため離縁される。尾張(おわり)阿久比(あぐい)領主久松俊勝と再婚。慶長7年家康にまねかれて伏見城にはいり,同年8月28日死去。75歳。江戸の伝通院に埋葬された。名は於大(おだい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伝通院

没年:慶長7.8.28(1602.10.13)
生年:享禄1(1528)
戦国時代武家の女性。徳川家康の生母。於大。父は三河刈屋城(愛知県刈谷市)城主水野忠政。母の於富(華陽院)は,忠政と死別して岡崎城主松平清康に再嫁,於大も母と共に岡崎城に入った。天文10(1541)年,清康の子松平広忠に嫁し,翌11年家康を出産。しかし,同13年父方水野氏が織田氏に加担したことから離別され,生家に戻る。その後,同国阿古居城(知多郡)城主久松俊勝と再婚。3男4女を生む。永禄3(1560)年,今川勢の先鋒として桶狭間に向かう家康に阿古居城で再会。のち,夫俊勝は葵の紋と松平姓を許され,実子勝俊,定勝は家康の一族として遇された。慶長7(1602)年,後陽成天皇に謁した直後に伏見城で死去,従一位追贈。墓所は東京都伝通院。<参考文献>中村孝也『家康の族葉』

(西村圭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんづういん【伝通院】

東京都文京区にある浄土宗の寺。無量山寿経寺と号する。関東十八檀林の一つで,増上寺と並ぶ江戸浄土宗の名刹。1415年(応永22)了誉聖冏(しようげい)が小石川極楽水に小庵を結び,無量山寿経寺と号したのが始まりで,聖冏を開山とする。その後戦火をこうむり衰廃していたが,1602年(慶長7)徳川家康の生母於大(おだい)の方が上洛中伏見で亡くなると,遺言により遺骸を当寺に移し,増上寺の中興源誉存応(ぞんのう)を導師として葬送の法会が行われた。

でんづういん【伝通院】

1528‐1602(享禄1‐慶長7)
徳川家康の生母,於大(おだい)の方。伝通院はその法号。三河刈屋城主水野忠政の娘で,岡崎城主松平広忠に嫁して家康を生んだが,水野氏が松平氏と敵対している織田氏に荷担したために離別された。のち久松定俊(俊勝)に再嫁。1602年(慶長7)家康に招かれて伏見に行き,家康は生母として手厚く遇したが,同年,伏見城で没した。法号は伝通院光岳蓉誉智光大禅定尼。遺骸は江戸に送られ,徳川家の菩提寺芝増上寺の管する小石川の無量山寿経寺に葬られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんずういん【伝通院】

でんづういん【伝通院】

東京都文京区小石川にある浄土宗の寺。無量山寿経寺として了誉が1415年に創建。関東十八檀林の一。徳川家康の生母お大の墓所となってから、その諡号しごうにちなむ寺号がつけられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伝通院の言及

【関東十八檀林】より

…しかし最後にできた深川霊巌寺は24年(寛永1)の開山であるので,制度としての確立はそれ以降のことである。かくして成立した十八檀林は,開山の年代順に相模鎌倉光明寺,武蔵鴻巣勝願寺(埼玉県鴻巣市),常陸瓜連常福寺(茨城県那珂郡瓜連町),江戸芝増上寺,下総飯沼弘経寺(茨城県水海道市),下総小金東漸寺(千葉県松戸市),上総生実(おゆみ)大巌寺(千葉市),武蔵川越蓮馨寺(埼玉県川越市),武蔵滝山大善寺(東京都八王子市),武蔵岩槻浄国寺(埼玉県岩槻市),常陸江戸崎大念寺(茨城県稲敷郡江戸崎町),上野館林善導寺(群馬県館林市),下総結城弘経寺(茨城県結城市),江戸本所霊山(りようぜん)寺(東京都墨田区),江戸下谷幡随院(東京都小金井市,もと台東区浅草神吉町),江戸小石川伝通院,上野新田大光院(群馬県太田市),江戸深川霊巌寺(東京都江東区)である。学問所としての檀林はやがて幕府の寺院統制下で行政の一端をにない,一,二の変動はあったが宗教行政の中心となった。…

【徳川家康】より

…幼名は竹千代。父は岡崎城主松平広忠,母は刈谷城主水野忠政の娘(於大の方(おだいのかた),法号伝通院(でんづういん))。広忠は駿河の大名今川義元の勢力下で尾張古渡(ふるわたり)城主織田信秀と対立していたが,その渦中で於大の方の兄水野信元が今川氏に背いて織田氏と結んだので,於大の方は3歳の竹千代を残して離別され,まもなく尾張阿古居城主久松俊勝に再嫁し,竹千代19歳のときまで会うことがなかった。…

※「伝通院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝通院の関連キーワード水戸家植村家存大河内元綱大津時隆お万の方(2)吉良持広随念院杉浦吉貞本多正忠真喜姫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝通院の関連情報