コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田孝甫 とだ こうほ

1件 の用語解説(戸田孝甫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田孝甫 とだ-こうほ

1829-1865 幕末の武士。
文政12年9月生まれ。戸田忠敞(ただあきら)の長男。常陸(ひたち)水戸藩士。前藩主徳川斉昭(なりあき)が幕府より永蟄居(えいちっきょ)処分をうけて藩内が動揺した際,藩主慶篤(よしあつ)の命で藩論をまとめる。万延元年執政となるが,天狗(てんぐ)党の乱がおこると諸生派によって罷免され,慶応元年7月5日獄死。37歳。名は忠則。通称は銀次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸田孝甫の関連キーワード武市瑞山鶴屋南北俚言集覧武市瑞山ウィリアムズオリファント小宮山綏介武田耕雲斎プティジャン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone