コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸籍吏 コセキリ

デジタル大辞泉の解説

こせき‐り【戸籍吏】

戸籍に関する事務を取り扱う吏員。旧制上の名称で、市区町村長をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戸籍吏の言及

【戸籍】より

…戸籍における戸主と家族の記載順序は,1871年戸籍法と同じであるが,附籍の名称は廃され,〈戸主ノ親族ニ非サル者〉とされた。第2に,身分登記および戸籍の親族身分関係の公証機能に対応して,それを掌るものとして戸籍吏および戸籍役場がおかれ,その監督には,従来のように内務省ではなく司法省があたることとなった。しかしこれによって,身分登記と戸籍が,統治のために国民を把握するもっとも基本的な手段であることをやめたわけではない。…

※「戸籍吏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

戸籍吏の関連キーワードパンクハースト区長(明治)大区・小区復氏戸長離縁戸籍

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android