房州砂(読み)ボウシュウズナ

デジタル大辞泉の解説

ぼうしゅう‐ずな〔バウシウ‐〕【房州砂】

千葉県館山(たてやま)市北条付近から産出する磨き砂。器具の研磨に用い、塗料材にもする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうしゅうずな【房州砂】

千葉県館山市北条付近から産する磨き砂。器具の研磨、玄米の精白、塗料材などとして用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼうしゅう‐ずな バウシウ‥【房州砂】

〘名〙 千葉県館山市北条付近から産するみがき砂。研摩、塗料材、玄米の精白などに用いる。
※南小泉村(1907‐09)〈真山青果〉三「頭から糠だらけの若者が二人、房州砂を石臼に添して廻って居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android