房州砂(読み)ぼうしゅうずな

精選版 日本国語大辞典「房州砂」の解説

ぼうしゅう‐ずな バウシウ‥【房州砂】

〘名〙 千葉県館山市北条付近から産するみがき砂。研摩、塗料材、玄米の精白などに用いる。
※南小泉村(1907‐09)〈真山青果〉三「頭から糠だらけの若者が二人、房州砂を石臼に添して廻って居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android