精白(読み)セイハク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
まざりものがなく白いこと。
穀物をついて表皮をとり白くすること。「精白した

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① こまかく白いこと。まじりけなく白いこと。〔史記‐天官書〕
② 心などの潔白であること。また、潔白にすること。〔漢書‐賈山伝〕
③ 穀物をついて皮をとり白くすること。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉九「また米屋という者があって、それらの米を引取って精白し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精白の関連情報