所以に・故に(読み)そえに

精選版 日本国語大辞典の解説

そえ‐に そゑ‥【所以に・故に】

[1] 〘接続〙 (「そえ」は、代名詞「そ」に「ゆえ」が付いて変化したものか) それゆえに。それだから。原因・理由を表わす語で、「かれ」よりも多く用いられた。
※東大寺本成実論天長五年点(828)一五「又此は正道に非ず。清浄の道に非ず。そゑに随苦辺と名づく」
※古今(905‐914)雑体・一〇六〇「そへにとてとすればかかりかくすればあないひしらずあふさきるさに〈よみ人しらず〉」
[2] 〘感動〙 相手の問いかけに強く肯定の意を表わす語。そのとおりじゃ。そうじゃ。
古今著聞集(1254)一六「『おれはきこゆる文学かれ』といへば、『そへに』といらへて」
[語誌](1)「かれ」が、漢文訓読にしか用いられないのに対して、「そえに」は比較的広い範囲で、のちまでも用いられた。また、「そえに」は文頭にあって、より独立した用法が多く見られる。
(2)「古今和歌集」など和歌の場合は逆接に用いられることが多く、漢文訓読の場合とは意味用法を異にするという説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android