コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得革命 しょとくかくめいincome revolution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所得革命
しょとくかくめい
income revolution

資本主義経済に不可避とされる所得分配の不平等が,社会主義革命を経なくとも資本主義体制内で自然に解消されていくとする議論。貧富の差がなくなれば大衆購買力が増し,全社会的に消費性向が高まるため恐慌は必然的に避けられるとする S.クズネッツの"Shares of Upper Income Groups in Income and Savings" (1953) により理論的基礎を与えられた。彼はアメリカにおける高額所得者の所得比の低下と所得分配の平準化傾向を統計調査により明らかにし,これによって K.マルクス窮乏化理論を論破しようとした。しかし V.パーロによって資料検討の不備など方法論的,実証的な批判が加えられ,G.コルコ,H.ミラーらによっても反証がなされるなど多くの論争を呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

所得革命の関連キーワードイデオロギーの終焉窮乏化法則

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android