コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窮乏化理論 きゅうぼうかりろんimpoverishing theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窮乏化理論
きゅうぼうかりろん
impoverishing theory

資本主義社会のもとでは,生産の増大が社会的な富を増大させ,資本の蓄積をもたらすが,同時にそれは労働者窮乏,貧困をも推し進めるものであるとする理論。 K.マルクスは『資本論』において,一方ではこうした資本の蓄積に伴う労働者の窮乏化を資本主義生産に内在する普遍的法則であるかのようにとらえるとともに,他方では労働者の組織的団結がこれらの法則をある程度まで修正しうるもののように考えていた。この窮乏化理論をめぐって,19世紀末におもに E.ベルンシュタインと K.カウツキーとの間で論争が展開された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうぼうかりろん【窮乏化理論】

資本主義経済では、資本の蓄積が進むに従って労働者階級の生活は困窮化するというマルクスの学説。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

窮乏化理論の関連キーワード資本主義経済労働者階級所得革命学説

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android