コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扉式祭壇 とびらしきさいだんFlügelaltar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扉式祭壇
とびらしきさいだん
Flügelaltar

レタベル祭壇屏から発達した観音開きの扉をもつ祭壇のこと。扉式祭壇はゴシック後期よりドイツを中心として,各地の聖堂に普及した。時代と地域によって形や大きさが異なるものがあるが,普通は中央部の厨子と左右1枚ずつの扉から成り,これらの3面 (両翼は両面) に祭壇画が描かれている。ファン・アイク兄弟の描いた『ヘントの祭壇画』,M.グリューネワルトの『イーゼンハイム祭壇画』は扉式祭壇画の最も有名なもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

扉式祭壇の関連キーワードバルドゥング絵画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android