コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扉式祭壇 とびらしきさいだん Flügelaltar

1件 の用語解説(扉式祭壇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扉式祭壇
とびらしきさいだん
Flügelaltar

レタベル祭壇屏から発達した観音開きの扉をもつ祭壇のこと。扉式祭壇ゴシック後期よりドイツを中心として,各地の聖堂に普及した。時代と地域によって形や大きさが異なるものがあるが,普通は中央部の厨子と左右1枚ずつの扉から成り,これらの3面 (両翼は両面) に祭壇画が描かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扉式祭壇の関連キーワード片戸観音開き開き戸掛子塗厨子棚二階厨子シャンタベル時空の扉を抜けてバナナをたべる時の歌時の扉をくぐり