手を握る(読み)てをにぎる

精選版 日本国語大辞典「手を握る」の解説

て【手】 を 握(にぎ)

源平盛衰記(14C前)四二「定の当たりを知らざれば、源氏の兵各(テ)をぞ握(ニギ)りける」
② 仲直りする。和解する。
わせて事に当たる。協力する。同盟する。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉二「全世界の労働者が団結し手を握り合ふんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android