コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を翻せば雲となり手を覆せば雨となる テヲヒルガエセバクモトナリテヲクツガエセバアメトナル

デジタル大辞泉の解説

手(て)を翻(ひるがえ)せば雲となり手を覆(くつがえ)せば雨となる

杜甫「貧交行」から。手のひらを上に向けると雲がわき、手のひらを下に向けると雨が降る意》人情が変わりやすく、頼みがたいことのたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てをひるがえせばくもとなりてをくつがえせばあめとなる【手を翻せば雲となり手を覆せば雨となる】

〔杜甫「貧交行」の句。掌てのひらを上に向ければ雲となり、下に向ければ雨となるほど天候の変化は急だ、の意〕
人情の変わりやすく頼みにならないたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android