手分け(読み)テワケ

デジタル大辞泉の解説

て‐わけ【手分け】

[名](スル)
一つの仕事を何人かで分担して行うこと。「手分けして探す」
軍勢を配置すること。
「宇治にて四方の―を定めて」〈太平記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てわけ【手分け】

( 名 ) スル
一つの仕事を何人かで分けて受け持つこと。 「 -して探す」
軍勢を配置すること。 「敵すでに寄せ来るに、方々の-をこそせられんずれ/保元 中・古活字本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手分けの関連情報