手前普請(読み)てまえぶしん

精選版 日本国語大辞典「手前普請」の解説

てまえ‐ぶしん てまへ‥【手前普請】

借家人が費用を自分持ちで借家の修理をすること。また、職人を頼まないで自分で修理すること。
瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「かしやといふは名ばかり、やぶれ家を手まへぶしん、ねだも追付張る筈で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手前普請」の解説

てまえ‐ぶしん〔てまへ‐〕【手前普請】

借家人が自分の費用で、または、自分で借家の修理をすること。
貸家といふは名ばかり、破れ家を―」〈浄・博多小女郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android